山田担のひとりごと

とある山田担のひとりごとです。(@YamadaUsagi987)

脱 ミスヴァ難民

 

ミスヴァ難民

 

この言葉を覚えていらっしゃる方はいますか?

山田涼介がソロ曲「ミステリーヴァージン」を発売したら、フラゲ日から初回盤が品薄状態になり、手に入れることが出来なかったファンが続出。こんな呼び方をされましたね...。通常盤すら手に入らなかったところもあるとかないとか。

私もその1人でした。「まぁ山田涼介といえどソロだし!こんな田舎だし!予約しに行く時間ないし!大丈夫でしょ!」

 

全く大丈夫じゃないし。

 

どのお店を回っても残ってるのは通常盤。衝撃的でした。

 

そんな私ですが、本日CDショップでめちゃくちゃ綺麗な中古のミスヴァ初回盤1、2をともに見つけてしまい、即買ってまいりました。

 

脱 ミスヴァ難民🎊🎊🎊

 

知念担の友達は当時予約していたMoonlightのPVが付いている方(初回盤2)をゲットしていたので、そちらは見たことがあったのですが、今回初の初回盤1👏3年という長きに渡る時を経て...。

 

ミスヴァリリース当時は山田涼介19歳。私は15歳。山田のソロ活動に対する疑問やら何やらあるとはいえ「大好きなMoonlightのPVだなんて〜!ってか山田だけ〜?うふふふふ♪」程度にしか思っていなかったのかな。

私は今19歳。画面に映ってる涼介と同い年なわけです。そりゃ感じることや思うことも変わるわけで。

 

19歳で何この色気!何この美形!

 

って思うわけです(笑)

15歳の生意気小娘が19歳の美少年を見れば思うことなど単純でひたすらかっこいいんですよね。

19歳の生意気娘が19歳の美少年を見ると色んな考えが止まらない。(笑)

特に今回初見のミステリーヴァージンのPVは首元、胸元にやられました。

 

ただ、メイキングを見ると切なくなりますね。ずっと「いつもならJUMPが...。普段ならJUMPが...。」JUMPのことばっかり。ただ普通に見れば、山田涼介ってこんなにHey!Say!JUMPが好きなんだ!で終わるのかも知れませんが、Myojoの10000字インタビューでソロデビューに関して読んでから山田涼介のソロデビューに関しては見方が変わりました。

 

そのうちどぅわーと語らせてください。

 

f:id:HSJusagi987:20161020215654j:image